※プロフィールページに戻る

東京緑庭会

会長 今井 央  (昭和45年卒)

東京緑庭会を代表し、ご挨拶申し上げます。

 東京緑庭会は首都圏に在住する小樽商科大学硬式庭球部OB・OGを中心に構成され、会員はテニス他いろいろな催しを楽しんでいます。当会は旧組織「小樽商科大学硬式庭球部東京OB会」が発展解消し、2005年に新たに発足した親睦会です。

2007年には「緑庭全国テニス大会」を企画・開催し、北は北海道から、南は大阪からの参加を得て、大いに盛り上がりました。2011年の「小樽商科大学硬式庭球部創部百周年記念全国OB・OGテニス大会」には大勢で参加、小樽で懐かしい面々と再会を喜び合いました。2013年には、念願であった当会のホームページを公開することもできました。

会の発足から10年経過した2016年には、当会会員が66名に達しました。年中行事では、「関東楡庭会」(北海道大学硬式庭球部の関東地区OB会の名称)との親睦テニス対抗戦、当会全体のテニス大会や当会ブロック毎のテニス練習会があり、もちろん汗を流した後の懇親会もあります。テニス以外の行事では、年次総会、新社会人歓迎ビアパーテイ、小樽商大テニス部現役との交流などあり、老若男女の交流の場にもなっています。

 当会がこれからも継続活動してゆくには、若い会員の増強が必要です。若い会員が増え、更に小樽商大テニス部や関係する団体の方々との交流も深まり、当会が「会いたい人がいる会。下手な人でも参加しやすい会。」として今後も成長し続けるものと願っております。

小樽商科大学硬式庭球部 首都圏OB・OGの会

《会長挨拶》